Alternative IT Engineer Service

これまでシステムの運用管理で「人」が行っていたコンピュータの操作や判断をソフトウェアロボットに代行させる画期的な ロボットSES
[派遣サービス]
です。

これからのシステム運用管理は、ロボットで行う時代の到来です。

現時代、日本の人口減、高齢少子化社会に伴う生産労働者減少、税金負担増加、派遣労働者法からのIT業界への影響、IT業界離れの深刻化(熟練エンジニア不足)などIT業界の産業構造の将来的にネガティブなイメージを予想する者も少なくありません。またサービス系や基幹系システムの開発など、システムの開発は可能な限り短期間で行いますが、開発したシステムの運用となると開発期間の数倍の期間で運用されます。開発したシステムを5年~10年使うとなると開発に携わったエンジニアの維持費やシステム保守費などを維持管理するコストはランニングコストとして、システムが稼働している期間はずっと発生します。さらにコストはもちろんのことシステム運用では、人による運用体制の構成、障害対策、データ管理、不正アクセス対策、システム資産管理、災害対策など様々な人的な作業が求められます。その人による運用の組織体制は、プログラム開発エンジニア、ネットワークエンジニア、DBエンジニア、インフラエンジニアなど専門の技術者を確保して維持することになりますが、実際には、専門技術者の作業を手順書として紙で管理して、誰でもその紙で書かれた手順書通りに操作することで対応できると言う人による体制が殆どです。冒頭にも述べたように今後は生産労働者減少により人によるシステムを運用管理するは、その人を確保するのも難しく、確保してもコスト的にも難しかったり、依頼した保守内容とスキルが伴わないなど様々な問題が発生してくると私たちは予想しました。 私たちは、その課題に対してシステムを運用管理する為に必要な人による作業をロボット化してしまえば良いと考えました。
それが Alternative IT Engineer サービス
(ソフトウェアロボットSESサービス[派遣サービス])です。
IT運用にロボットを取り入れることで、人に依存しない運用方式を構築することができる次世代のサービスです。

We'll Make Sure Software Robot For You

Alternative IT Engineer サービスとは、業務用ソフトウェアロボットプロバイダーとして人による運用からソフトウェアロボット運用へのご提案。ソフトウェアロボットの開発から維持管理までオールインワンでサポートいたします。

24時間365日 人に代わって業務作業をさせることができます。これにより労務問題から解放され、故障が無い限り計画通りの作業させることができます。また人の操作では実現できないスピードでPCを操作させることができ、オペレーションミスがありません。就業時間外(休日、夜間)や災害発生ときには、人の代わりにシステム作業を代行させることができます。従来の紙による運用手順書をロボットに指示する運用手順書(Jobコマンド)にすることで、人による運用手順書の教育、組織内異動による引き続きなど不要になります。 従業員のPCが数百台~数千台となる場合、そのPCを全てロボット化して全てのPCの操作を自動化させることができます。PCに新しいソフトウェアのインストール、アプリケーションの操作、バージョンアップ、ソフトウェアのインストールまたはアンインストール、Windowsの起動、PCのシャットダウンなど日々の人によるPCの操作を人に代わって操作することができます。また公衆無線LAN(WiFi)で接続されているロボット化されたPCの移動端末も遠隔で制御することができます。

Service Case Studies

就業時間外作業ゼロ ITエンジニア作業代行 手作業切替自動代行 無人運用 災害・テロハザード対策 システム部担当ロボット

Services Overview

Alternative IT Engineer Service is software robot agency service. it has been implemented in Robowiser Framework software. Robowiser Framework software is software that was developed by our company.

Contact Us

We have the ability to advanced development in a variety of computer languages. We would like to expand the software robot to other than Japan. We welcome contact from companies that can invest in order to expand our products to foreign countries.

Contact Us